費用と時間で通信講座を選ぶ

私が選んだテキストは、「マ○ガ宅建は○めの○歩」。マン○だけに確かにわかり易く宅建の知識を楽しく知ることが出来ました。……って、概要だけね!
だよね、本に「入門」て書いてあるし。ま、これを宅建のテキストと選ぶ時点で宅建をナメてましたね、当時のウブな私ってば(あ、ウブとかイラネ?)。

もちろんその年の受験には間に合うはずもなく、上司に平謝りして受験を辞退。そんな状況に上司があきれ顔で提案したのが、「予備校か通信講座を受講したら」という強制的提案。残るチャンスはわずか2回。しかも合格率が2割にも満たない試験となれば、提案を受ける以外の選択肢はありませんでした。

まず、ネットで調べたのは大手資格予備校の宅建講座。「強制的に講座を受講すれば、こんな私でも合格できるかも!?」と、淡い期待を持ちながら講座内容を見てみると……た、高っかーい! 受講料が15万円以上します!!!

しかも、資格予備校なのに「通学」はオプションになってるし、基本講座はweb学習らしいし。これで〝パー○ェクトコース〟って、いったい何がパーフェ○トなのやら!? でも、調べてみると大手の資格講座はみんなそんなカンジ。

受講料の高さはもちろん、考えてみると当時9?21時という勤務形態の私が、19時開講の講義に毎回出席できるはずもありません。なんだか、資格予備校って、社会人に優しくないなぁと思ってしまいました……。

気になる講座「フォーサイト」

次いで調べたのが通信講座です。通信講座なら自宅学習のため、業務時間に関係なく学習することが可能です。しかも調べてみると資格予備校より半額くらいの費用で受講できることが判明! はい、その時点で通信講座に決定です!!!

もちろん、候補の筆頭は通信講座最大手の「ユーキャン」です。あの爽やかなCMがいいですね! 当時の私は、ユーキャンのCMの蒼井優ちゃんをイメージしてもらえればいいと思います。もちろん、ここもツッコミ禁止で!

しかし、色々と調べてみると、もうひとつ気になる講座を発見しました。それが「フォーサイト」です。私はまったく知りませんでしたが、ネットなどで話題となっているようです。しかも、受講料はユーキャンの54,000円(一括)に対し、フォーサイトは28,350円(CDコース:一括)と、約半額です。この圧倒的な価格差で、フォーサイトに俄然興味を覚えたのです。

<< 前のページ次のページ >>